スチールがオススメ~!パネルキャットドア

ほぼ!問題無く使っていますが…スキマテープを貼っても隙間ができるのが!残念ですが…猫はすぐ慣れて自由に出入りしています‼️商品の組み立ては!あっという間にできました!発送も!午後の注文でも翌日10時過ぎには到着しました。設置後何度か訓練してちゃんと出入りできてるみたいなので大丈夫かな?これを買う以前は!猫が自由に外に出入り出来るように!2階の窓を少し開けて置いたのですが!不用心なので!これを購入しました。厚さの違うすき間テープを用意するくらいの工夫は必要です。

イマが買い時♪

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

スチール パネルキャットドア【工事不要サッシ取付型猫ちゃん専用ドア】スチール製パネルキャットドアS(サッシ高1500mmH〜2300mmH用)【売れ筋商品】【省エネ】【簡単】【話題の商品】

詳しくはこちら b y 楽 天

高さも自由に調整出来て、簡単に取り付けが出来ましたが、半透明のプラスチックで出来た窓を猫が怖がって通らないので、最初はテープを貼って開けたままにしておきましたが、最近は、慣れたようで、購入して良かったと思います。野良猫たちは入れないのでよかったです。上手く設置できるか不安でしたが簡単に付ける事ができ良かったです。本当に簡単です。逆に同じ厚さのテープを本体・延長部に両方貼ると意味が無くなります。このへんは許容範囲と割り切るか自分で工夫が必要です。一回り小さくなってる片方をもう片方に差し込んでサッシの長さに伸ばしてネジで固定。竹の子式です!コの字の幅広の本体に!幅が若干狭いコの字延長部が中に入り伸縮します。送料4000円くらいしましたが買ってよかったです。。設置は本体側に延長部を入れて、サッシの下レールにはめて延ばし上レールに届いたら両側のネジを締めるだけです。取付けは約1時間ほどでできました。我が家のサッシはホワイトなのでそれほど違和感もなくてヨカッタです。ドアの部分には両サイドにロックが付いていて野良猫の侵入を防げそうです。付属の隙間テープだと厚いので!もっと薄い隙間テープを貼ればバッチリです。構造も調整も至って単純簡単です。窓付きのものと迷いましたがこちらをチョイス。こういう商品あるのを知らず!サッシをいつも開けて防犯ロックで固定していました。隙間を塞ぐテープが付いていますが!上下の窓のレールとの隙間を上手く塞ぐことができず!スポンジで塞いだり!いろいろ工夫している最中です。木造住宅等で歪みが発生している場合、本体の調整機構では左右の差がほとんど出せないので、すき間を埋める工夫が必要です。家の窓の高さが153センチと低いので!合うサッシがあまり売って無かったけど!これだと150センチから調節ができるので!決めました。明け方ベランダに出たいと起こされるので購入することに。 少し作りが不安だけど、満足です。ただ、数ミリだけど、窓とパネルの上の方に隙間ができます。高いか安いかといえば金属板2枚なので安くは無いです、電動工具が無い人が自分で製作する事は現実的では無く、愛猫・愛犬の為にこの金額を出せて人も冬の寒さから解放されるなら良いんじゃ無いでしょうか。たったこれだけです。が、付属の隙間テープでふさぐことができました。猫たちの出入りを許している窓は135cmなので!金ノコでカットしました。組み立てとか得意では無いので商品が到着するまでドキドキでしたが、開けてみてビックリ。商品もショップさんもAAAです!SサイズかLサイズどちらにしようか迷ったのですが!外と窓に段差があるためゆったりめのLのほうが入りやすく!猫用に買ったのですが!11キロある犬も出入りしています。本体は重くてガッシリしているので多少の衝撃にはびくともしない作りですが、その分猫がくぐるドアのプラスチックが少し頼りなく思えて、うちのキカンボウ達が壊さないか少し心配です。扉を少し上げて出入りを促すと、すぐに自力で出入りするようになりました。注文してすぐ届きました。サッシに取り付けやすかったです、猫もよろこんでます。猫たちのトイレを!室内からベランダに移動したため!自由に出入りできるよう購入しました。スチール製で雨にも強いので気にいっています。付属のすき間テープは延長部が細い分を補う為に付属しているようで、本体側に貼るとたぶん不足します。夜中に何度も猫に起こされていてので、これで自由に出入りでき、私も安眠できそうです猫が覚えて活用してくれればいいなと思います。サッシの下レールに水抜きや清掃用の切りかきが端にあると!本体側が片面しかレールに固定されませんので3点で固定する事になり!ガタが発生しはずれ気味になります。我が家の愛猫もすぐに出入りしはじめ、防犯の面でも安全な仕組みで、大変いいお買い物ができて嬉しいです。開閉音は、とても静かで寝ていても気になりません。うちの猫たちは慣れるのに時間かかりましたが、今では自由に出入りしてます。一回り小さくなってる本体の横とサッシの間に少しだけ隙間があきますが、これ位許容範囲です。境目の両側にギザギザの頭が付いたネジがありこれを締めこんで固定します。